FXは危険?副業をするのなら海外業者を利用しよう

ネットを利用して副業をする場合、FXをする選択肢があります。
FXは外貨取引を行い利益を増やしていくシンプルな資産運用方法です。
一般的に海外業者と国内業者があり、それぞれ性質が違います。基本的に海外業者の方がトレーダーにとって待遇が良くなっているためおすすめです。

例えばレバレッジが800倍や最大数千倍になるものもあり、少ない軍資金でも多くの取引を行うことができます。レバレッジというのは、軍資金を増やすための手段であり、倍率が高いほど資金も多く確保できます。
1万円の軍資金を用意して、レバレッジを500倍かけると500万円の取引が可能です。一方国内業者では金融庁の規制によって最大レバレッジは25倍と少なめです。

こう見ると海外業者は「なんか怪しい、詐欺被害に遭うかもしれない」と考える人もいるのではないでしょうか。
基本的にレバレッジは大きくかけるとその分トレーダーへのリスクが高まります。そのため、国内の業者ではレバレッジの数も低めです。海外ではトレーダーを増やすことや、金融市場の活性化をするために、あえて高倍率なレバレッジを採用しています。

当然レバレッジをたくさんかけて失敗すると借金の額も膨大になります。そこで、海外FX業者ではゼロカットシステムを採用しています。
ゼロカットシステムとは口座残高がマイナスになったときに、マイナス分をチャラにしてくれるサービスです。このゼロカットシステムによって、トレーダーは安全に高額な取引を行えます。なお、日本のFX業者ではゼロカットシステムは導入していません。

安全なシステムが確立されているため、海外FX業者は口コミでも人気があります。注意点として、海外FX業者を利用して詐欺や被害に遭った方も少なからずいます。
危険な業者は金融ライセンスを保有していないケースが多いため、この点にのみ注意しておけば安全なサービスを見極めることが可能です。金融ライセンスの有無は業者の公式ホームページに書かれているので、忘れずに確認しておきましょう。

基本的に日本で知名度の高い海外FX業者を利用すれば、まずトラブルになることはありません。人気の業者ならネット上で情報を収集しやすいという利点もあります。また有名なサービスでは、定期的にキャンペーンも行っているのでおすすめです。
例えば口座開設で数千円もらえたり、取引量に応じてボーナスがもらえたりします。
初心者にとっても海外FX業者は使いやすいサービスなので、是非取引に挑戦してみましょう。